バッグ修理のプロ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

最近、コーディネートの一つとして物を入れて運ぶだけではなくお洒落の一つとして楽しむことも増えたバッグですが、その普及率は年々増加しています。さまざまなブランドから季節ごとに新作が登場し、その年のトレンドによって街で見かける形や素材も実にさまざまです。また、親や友人からのプレゼントとしても贈られることも多いバッグは、毎日使う中で多少壊れてしまっても大切なものだから処分できないとクローゼットの中で眠っていることも少なくありません。

そんな壊れてしまった眠っているバッグは、バッグ修理を専門に請け負うプロに依頼することで、また以前のように毎日使用することができます。例えば、開閉の度に負担のかかるファスナーの部分も、ほつれてしまったり歪んでしまった場合、新しいものに付け替えることができます。また、毎日握る為ひび割れたり傷みやすい持ち手の部分も取り替えて新しいものにすることができます。その他にも、その持ち手の部分をバッグ本体とつなぐ付け根の部分も重さにより負担がかかったり意図せず強く引いてしまったりと壊れやすい場所でもあります。その付け根部分も革を修理することで直すことができます。革が擦り切れるだけではなく切れてしまい、付属の金具が外れてしまった場合も、付け根の革の修理と共に新しい金具を取り付けることが可能です。その場合、出来るだけ元のパーツに近いものでの対応をしてくれるため、イメージや細かいディティールが気に入って購入したバッグも、元のように使用することができます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket